女性

加齢による肌トラブルを改善するならアンチエイジング化粧品を使おう

敏感肌の節約術

化粧品

弱い肌でもコスパ良く

敏感肌の人は、化粧品代にかなりお金がかかりますよね。基礎化粧品は自分の肌に合う優しい成分のものを使う必要がありますが、節約できるところは節約して、コスパ良くお化粧を楽しみたいところです。そこで、ポイントメイクだけはプチプラコスメで済ませる、敏感肌のためのコスメ選びをご紹介します。まず、自分の肌に合う優しいものを使用したいのはクレンジングや洗顔料、基礎化粧品、化粧下地などがあります。毎日直接肌に触れて、肌に染み込ませて使うものは、少しお金がかかっても自分に合うものを選びましょう。そしてプチプラコスメの選びどころですが、粘膜から遠いポイントメイクから挑戦してみましょう。まずは、アイブロウやチークから始めることをオススメします。敏感肌の人の場合、物理刺激にも弱いことが多いので、どちらもパウダーのものを、そして柔らかい素材のチップやパフを使って試してみましょう。暫く使用してみて肌に影響が出なければ、次はリップメイクを試してみましょう。唇は、リップクリーム等の保湿ケア用品をしっかりと使用していれば影響が出にくいです。自分に合うリップクリームで整えた上からプチプラコスメを使ってみましょう。そして唇も荒れたり痒みが出たりしなかった場合には、最後にアイメイクです。まずはアイシャドウですが、ラメの少ないものがオススメです。やはりこれも物理刺激になりますので、できるだけ粒子の細かい柔らかいものをオススメします。アイラインについては、ここまでのプチプラコスメの使用で悪影響が出ていなければ、できるだけ粘膜に触れないように使用してみましょう。もし使用して痒みや腫れなどの症状が出た場合は、すぐに一度お休みして肌を休め、別のものを試すのはしっかりと肌の調子が戻ってからにしてください。プチプラコスメは安さだけでなく、カラーバリエーションの豊富さも魅力です。是非、プチプラコスメを楽しんでみてください。